天海 僧正。 南光坊天海の正体は明智光秀である7つの根拠

僧正 天海

「光秀=天海」説が成り立つのなら、光秀は山崎の戦いの後も生き続けていた、ということになりますよね。 家康が豊臣家に難癖をつけたと言われる「 方広寺鐘銘事件」。

14
僧正 天海

どちらもなくはない話なんですがこれもはっきりとした真実はわかっていなくてただ「明智光秀は山崎の戦いにて秀吉に敗れ死んだ」とだけ伝えられていますね。 で、負けて家康の元へ。 この説は、すでに大正時代に須藤光輝『大僧正天海』(冨山房)で指摘されていたが、長らく取り沙汰されることはなかった。

13
僧正 天海

ゆえに天海は光秀だったと指摘されるが、命名も単なる伝承にすぎないと考えられ、本当に天海が名付けたとはいえないようだ。 長寿の秘訣について、次のような歌を残されています。 北ノ庄城で見つかった明智討伐に絡むの密書のように、未来で見つけてもらえる史実によって、歴史ミステリーの解明が進む事を祈るばかりです。

4
僧正 天海

信長の命令で比叡山焼き討ちをしたのは明智光秀。 晒し首という史実が無ければ、もしかしたらと考えてしまうような根拠が目白押しです。 一説によると、天海は、天文5年 1536年 に陸奥国の会津地方で生まれたとされています。

16
僧正 天海

明智光秀は本能寺で織田信長を討ち、京都の合戦に敗れ竹やりに襲われ亡くなったと伝えられていますが、襲われたのは影武者で、光秀は天台宗総本山の比叡山に身を寄せたというのです。 この項目は、 に関連した です。

僧正 天海

ただしこれらの説は、光秀が天海になったと明示されていない。 天海が生前、家康に仕えたのは7年間で、のち二代将軍秀忠【2だいしょうぐんひでただ】、三代将軍家光【3だいしょうぐんいえみつ】に仕え、各将軍の家庭教師・政治顧問・相談役・黒衣の宰相として徳川のために尽力されました。 なるべく通説どおりに描くドラマならば、こちらの説を採用するでしょう。

僧正 天海

豪海の後を受けて、天海が北院の住職となったのは4年()のことである。 自ら葬儀も全て行い、喪が明けると下野・ にて儒学・漢学・易学・天文学・国学・医学・兵学などを学び、2年ほどで頭角を現します。 秀光は主君殺しが天下を長く治められるわけはないとあらかじめ知っていて秀吉に勝を譲ったとのことです。

20