川崎 市 ハザード マップ。 川崎市:土砂災害ハザードマップについて

ハザード 川崎 マップ 市

文字サイズ変更機能を利用するにはJavaScript(アクティブスクリプト)を有効にしてください。 多摩川水系・鶴見川水系などの河川が氾濫したときの浸水想定区域がわかるので、あわせて見ておきましょう。

11
ハザード 川崎 マップ 市

2日間における「多摩川」の総雨量588mm…1000年に一度の確率以上• ほかに、神奈川県のホームページでは、神奈川県洪水浸水想定区域図が閲覧できます。 下記にはガイドマップかわさきに反映されていない箇所のみを記載しています。

18
ハザード 川崎 マップ 市

具体的には次のとおりです。 外出先で災害にあってしまったときに備えて、かばんなどに入れておくと便利です。 川崎市の防災マップ・ハザードマップを見直して、親子で防災について改めて話し合ってみましょう。

4
ハザード 川崎 マップ 市

多摩川と鶴見川に挟まれているため、災害時には浸水への注意が必要です。 自分の生活圏内に土砂災害の危険区域がある場合は、災害時に前兆現象は起きていないか、よく注意するようにしましょう。

ハザード 川崎 マップ 市

川崎市で起こる可能性がある土砂災害は、急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)といわれています。

9
ハザード 川崎 マップ 市

「備える。 土砂災害ハザードマップ 川崎市の土砂災害ハザードマップでは、土砂災害の可能性がある区域や避難所がわかります。 川崎市 防災マップ(逃げるところなどの 地図)はこちら: 【川崎市の防災を知るには?】 1. 同局は「内水氾濫時の状況を確認し、いざという時は適切な行動で大切な命や生活を守ってほしい」と活用を呼び掛けている。

6
ハザード 川崎 マップ 市

ただし、神奈川県において高潮における浸水想定区域図等を作成していますので、対象区域については、• 津波ハザードマップは、相模トラフ沿いの最大クラスの地震がおきたときを想定していて、津波の危険性を考えるうえで参考になります。

ハザード 川崎 マップ 市

東日本各地での大きな揺れ、大津波、火災等により、12都道県で約1万8000人の死者・行方不明者が発生し、これは明治以降の日本の地震被害としては関東大震災、明治三陸地震に次ぐ規模となった。 万一の緊急時に備えて、前もって確認しておきましょう。

6
ハザード 川崎 マップ 市

。 津波ハザードマップとは、これら津波浸水予測図及び津波浸水想定図等を基に、浸水想定区域、津波避難路及び緊急避難場所等避難の参考となる情報を図面に記載したものです。 同市内の浸水被害を巡っては、2019年10月の台風19号による記録的大雨で多摩川の水位が上昇、雨水が排水管を逆流して広範囲が冠水した。