暗殺 教室 声優。 暗殺教室 (あんさつきょうしつ)とは【ピクシブ百科事典】

声優 暗殺 教室

殺せんせーの対応に満足しており、殺せんせーが入ってきた後に得たE組の「自由」を楽しむようになる。 教員免許を持っており、途中からE組の副担任になったが、殺せんせーの存在が機密であるため公的には担任ということになっている。

声優 暗殺 教室

最終暗殺計画発動時には、政府に拘束されたE組生徒と対面。

声優 暗殺 教室

テスト本番では理事長の妨害工作でE組の面々は50位内に入ることができなかったものの、上位に食い込んだカルマの挑発を受けた殺せんせーはE組残留を決める。 大学入試レベルの二学期期末テストで49位に入るなど学力も高い。 一学期中間試験総合2位。

12
声優 暗殺 教室

その後、学秀や他の五英傑の面々と同様、E組に対して敵愾心を燃やすが、二学期期末試験においてさらに学年順位を大幅に下げ、10位以内から転落する。 柳沢は彼の残酷な行く末を見かねたあぐりから救いを求められるが、自分の予想以上の能力を発揮した死神の触手細胞の力と挑発の言葉から自分の実験が結局モルモットと思っていた『死神』の手中にあったことを知り、さらに元々死神に洗脳されようが裏切ろうが何の問題もない道具として軽んじて扱っていたあぐり(そのため研究所での権限も最低限しか与えていかなかった)が死神に心を奪われている姿を実際に目の当たりにすると逆上してしまう。 進藤 一考(しんどう かずたか) 声 - 本舎のB組に所属する男子生徒。

声優 暗殺 教室

底意地の悪い性格で口も悪いが、親の仕事の関係でに1年間住んでいたことがあり、その時に基本的な会話を覚えたため語学力に優れている。 公式の英題は「Assassination-Classroom」(第55話表紙より)。 狡猾で悪知恵がはたらき、目的のためなら平気で生徒達を巻き添えにする非情な人物。

6
声優 暗殺 教室

普段は無口で影が薄いものの、E組では比較的成績が優秀なこともあって時折クラスの頭脳役として活躍することがある。 笑い声は「ヌルフフフ」で、狼狽したり驚いたりするときには、「にゅやッ!」という独特の奇声を発する。 改造前は「堀部電子製作所」というの部品を手がける町工場を営む一家の一人息子だったが、海外企業に技術者を買収されたことで工場が倒産し、両親は失踪した上、同級生からいじめられるようになり、荒んだ生活を送っていた ところをシロに拾われ、触手細胞移植を始めとした肉体改造を施され対殺せんせー用の暗殺戦士に仕立てられた。

17
声優 暗殺 教室

劇中で描かれたを始め世界中の科学・軍事技術を集めて作られた等身大の黒い直方体の胴体を持ち、正面にあるモニターには両サイドの長い房を結んだミドルヘアの美少女の顔が映しだされ、人間とも自由に会話が可能。

7
声優 暗殺 教室

元陸上部であり、100m11秒フラットというE組一の風のような俊足の持ち主。

声優 暗殺 教室

最終暗殺計画発動の際にはE組の事情を知る者として救援に向かおうとしたものの、父に懇願され諦めることとなった。

20