外郎 売 全文 ふりがな 付き。 【外郎売り】全文の意味や暗記はふりがな付きで覚えよう!

全文 外郎 ふりがな 付き 売

のら 如来 ( にょらい )のら 如来 ( にょらい )、 三 ( み )のら 如来 ( にょらい ) 六 ( む )のら 如来 ( にょらい )。 鮒 ふな、きんかん、 椎茸 しいたけ、定めて 後段 ごだんな、そば 切 きり、そうめん、うどんか、 愚鈍 ぐどんな 小新発地 こしんぼち。 第二節 イヤ 最前 さいぜんより 家名 かめいの 自慢 じまんばかり申しても、ご 存知 ぞんじない方には、 正身 しょうしんの 胡椒 こしょうの 丸呑 まるのみ、 白河夜船 しらかわよふね、さらば 一粒食 いちりゅうたべかけてその 気味合 きみあいをお目にかけましょう。

20
全文 外郎 ふりがな 付き 売

あわやのんど、 アワヤ候、 さたらなじたに、かげさしおん、 サタラナ舌に、カ牙サ歯音、 はまのふたつはしんのけいちょう、かいごうさわやかに、 ハマの二つは唇の軽重、開合さわやかに、 あかさたなはまやらわ、おこそとのほもよろお。

全文 外郎 ふりがな 付き 売

おっと合点だ、 (こしゃくしこも)って、(こすく)って、(こよ)こせ。 青竹茶筅でお茶ちゃと立ちょ。 たあぷぽぽ、たあぷぽぽ、ちりから、ちりから、つったっぽ、 たあぷぽぽ、たあぷぽぽ、ちりから、ちりから、つったっぽ、 たっぽ たっぽ いっちょうだこ、おちたら にてくお たっぽたっぽ一丁だこ、落ちたら煮て食お、 にても やいても くわぬものは、ごとくてっきゅう・かなぐまどうじに、 煮ても焼いても食わぬ物は、五徳鉄弓・かな熊童子に、 いしくま・いしもち・とらくま・とらきす、 石熊・石持ち・虎熊・虎きす、 なかにも とうじの らしょうもんには いばらきどうじが うでくり ごごう つかんで おむしゃる。

12
全文 外郎 ふりがな 付き 売

こごめのなまがみ、こごめのなまがみ、こんこごめのこなまがみ。 ひょっと 舌 ( した ) が 廻 ( まわ )り 出 ( だ )すと、 矢 ( や )も 楯 ( たて )もたまらぬじゃ。 (しゅす)・(ひじゅす)、(しゅす)・(しゅちん)。

17
全文 外郎 ふりがな 付き 売

あれ あのはなをみて おこころを、おやわらぎゃっという。 (すなわ)ち(もんじ)には、(いただ)き・(す)く・(におい)と 書いて、透頂香と申す。

17
全文 外郎 ふりがな 付き 売

おやもかへえ、こもかへえ、おやかへえこかへえ、こかへえおやかへえ。

1
全文 外郎 ふりがな 付き 売

小棚 こだなの、 小下 こしたの、 小桶 こおけに、こ味噌が、こあるぞ、 子杓子 こしゃくし、こ持って、こすくって、こよこせ、おっと合点だ、心得たんぼの川崎、神奈川、保土ヶ谷、戸塚は、走って行けば、やいとをすりむく、 三里 さんりばかりか、藤沢、平塚、大磯がしや。 毎日やれば必ず暗記できます。 あのなげしのながなぎなたはたがながなぎなたぞ。