横浜 市 交通 局。 横浜市交通局3000形電車

局 交通 横浜 市

協定書には全四項あり、第一項では共同運行路線のダイヤ厳守について、第二項では新規路線開設に当たっての事前協議について、第三項では共同運行路線ダイヤの事前協議について記されている。

7
局 交通 横浜 市

暫定運行措置路線とは、運行経費の一部を横浜市の一般会計から繰出し2007年(平成19年)4月から2年間暫定運行を行ったもので 、一定の利用が見込まれる廃止区間をカバーする形で新たに5路線が開設された。 外観および内装デザインは「近未来都市横浜にふさわしいデザイン」をコンセプトに、車両メーカーの提案デザインから交通局内で調査により、投票多数のものに決定した。

局 交通 横浜 市

その後、営業利益は、(平成15年)度に21億1400万円、(平成16年)度に34億1500万円となっており、(平成18年)度が前年比で減益となったものの、おおむね増加基調を維持している。 ( 2019年3月) 横浜市高速鉄道 基本情報 国 所在地 、 種類 開業 所有者 運営者 横浜市交通局 公式サイト 詳細情報 総延長距離 53. 市営バス全線定期券・横浜市発給の敬老・福祉特別乗車証では乗車が出来ない。 (昭和27年)10月1日 - が施行され、交通局とがとして独立。

5
局 交通 横浜 市

乗務員室 [ ] は、前述のとおり各駅の設備を基本的に島式ホーム構造で統一しているため、右側運転台配置とした。 ただし浅間町営業所には、公営住宅ではなく「横浜市西スポーツセンター」が設置されている。 (昭和10年) - の運行を開始• 新羽保守管理所• : 鶴見乗合自動車の買収契約を締結、同年7月1日より市営バス路線として運行開始• (平成20年)• また、4号線の日吉駅(日吉) - 中山駅(中山)間は、 グリーンラインという愛称で呼ばれる。

5
局 交通 横浜 市

鉄道駅との接続が多い路線を多数所管しているとの理由で浅間町営業所から導入され、2008年(平成20年)6月22日に全営業所の所管路線で利用開始となった。

局 交通 横浜 市

登録商標第5032209号• 8・58・105系統など本牧方面の路線を担当する本牧営業所、大規模団地輸送を担当する磯子・港南・若葉台営業所、17系統・181系統など大黒ふ頭方面の路線を担当する鶴見営業所には大型長尺車が配置されている。 中はドル建て公債の償還については国が肩代わりしたため黒字になったものの、戦後はインフレによる物価の暴騰やGHQの物価抑制策の影響で再び赤字に転落。

16
局 交通 横浜 市

公共交通利用促進の観点から協議が行われ、2014年5月より所要時間の短縮が見込める駅南口発着に変更の上、横浜市営バスが路線バスとしてシャトルバスの運行を引き継ぐこととなった。 大人500円・小児250円 乗り継ぎ運賃制度 [ ] 2008年(平成20年)3月30日に施行された市営地下鉄グリーンライン開通に伴う再編と同時に、一部区間にて市営バスから市営バスへ乗り継ぐ場合に2回目の乗車運賃が無料となる乗り継ぎ運賃制度が新設された。 運行には専用のカラーリング車両のほか燃料電池バスが用いられる。

9
局 交通 横浜 市

PCCS:Vivid Green マンセル値:3G 5. 運転課• 車両の設計時間を短縮するため、新形式とはせず、10000形のマイナーチェンジ車( 2次車)とした。 路線再編成 [ ] 2007年前後に事業規模適正化と採算性改善を目的に施行された路線移譲・再編成関連の経緯を以下の年表とする。 『』2007年(平成19年)12月15日付朝刊。