ポケモン リザードン 育成 論。 【ポケモン剣盾】耐久振り弱点保険ドラパルトの調整と対策【育成論】

育成 論 リザードン ポケモン

「りゅうのまい」はりゅうのまい型なので確定です。 リザードンは岩技に4倍弱点を持つため、「ステルスロック」で最大HPの半分のダメージを受けてしまいます。 ダイジェットで素早さをあげられるとはいえ、素の状態で上をとれるポケモンが1匹いるだけでとても動きやすくなります。

育成 論 リザードン ポケモン

ただしニョロトノやバンギラス等に天候を上書きされるかもしれない点には注意です。 バンギラスやサザンドラに刺さる。

10
育成 論 リザードン ポケモン

バトルツリーでシングルバトルでレッドに勝利 メガリザードンXの物理耐久と火力を軸にした戦術なので確定です。 特殊型よりも技範囲、積み技に恵まれているので、上手く積んで豊富な技で相手の弱点を突いていく戦い方が望まれる。

20
育成 論 リザードン ポケモン

変化 No. 物理 基本 - 100 20 相手の物理攻撃のダメージの2倍をその相手に与える。 特殊 No. 今作ではダイバーンで自ら晴れ始動できるため当初はこちらが優勢だったが、シングルではキョダイマックス個体の採用率が増えてきているのか、シーズン8終了時点ではサンパワーの採用率は37. 25倍 無効 リザードンの解説 特性の「サンパワー」により 晴れ状態の時に特攻が1. じわれ 地 - 30 一撃必殺 初代VC限定技。 相変わらず「ステルスロック」に弱く、HPを半分削られてしまう。

12
育成 論 リザードン ポケモン

メガシンカ前のリザードンと比べ特攻が大幅にアップし、特攻種族値は160に迫ります。 「ダイジェット」で再度素早さを上げることは可能。 リザードンが使う特殊技は間接技なので特性「かたいツメ」が発動しませんが、元の威力が物理技より高いので大丈夫。

育成 論 リザードン ポケモン

前述した夢特性のサンパワー+晴れ+タイプ一致かつ、環境的に強力な物理アタッカーが多く、物理受けポケモン(ぼうぎょに努力値を振っている)が多いことから実質的なダメージは物理のそれ以上になっていることから、強力なポケモンになっています。

12
育成 論 リザードン ポケモン

味方のポケモンで物理受けに予めダメージを与えておいたり、「ステルスロック」を撒いて「きあいのタスキ」を潰しておく等のサポートが欲しいところです。 コチラの催眠ポケモンが相手を眠らせてからリザードンに交代し、「みがわり」を張ってもOK。 特性の「ひでり」は天候変化系。

1