坪内 祐三。 『酒中日記』主演で評論家の坪内祐三が死去!妻の佐久間文子氏が喪主を務める。

祐三 坪内

世田谷は高級住宅地だと思われていて、実際、今の世田谷はそうかもしれないが、私が引っ越して来た当時の世田谷、特に赤堤界隈は少しも高級でなかった。 何年かの間、『玉電松原物語』は、内容はよくわからないが、坪内さんによって書かれるはずの作品として、私の頭の中に留め置かれた。

4
祐三 坪内

坪内祐三の嫁・佐久間文子の画像や馴れ初めは? 上の画像が、坪内祐三さんのお嫁さん・佐久間文子さんになりますね。

祐三 坪内

坪内さんの教え子であり、『ドライブイン探訪』他の著書もあるライターの橋本倫史さんに、坪内祐三さんについて書いていただいた。

17
祐三 坪内

『四百字十一枚』 、2007• お互い二九歳まで親がかりの生活をして、その間古今東西の文藝や音楽、美術を渉猟したということで共通している。 「知の技法」に至っては、東京大学教養学部のテキストで、文字通り「偏差値秀才」が合格してくる場合が少なくなく、彼らをどうやって「脱・偏差値秀才化」できるかが、指導する側にとっては生命線なのだから、これは批判でも何でもなく、よく売れているベストセラーに対する罵詈雑言としか映らなかった。

10
祐三 坪内

。 『ブダペスト日記』(新宿書房、2004・07)• (次頁「僕にとって『恐ろしい視線』は坪内さんだった」につづく). 僕はよく「ニューながい」を利用し、そのことをウェブの日記に書いていた。 『極私的東京名所案内』 彷徨舎、2005、ワニブックス【PLUS】新書(増補版)、2010• が「学長」の「東京外骨語大学」という交流会の「助教授」。

祐三 坪内

」で「文壇アウトローズの世相放談 これでいいのだ!」を16年間、二人で対談した福田和也さんは、坪内さんの幽霊とともに二人の出会いと文芸誌「en-taxi」創刊の頃を振り返っている。 佐久間文子さんは、坪内さんにとっては再婚相手になります。 坪内さんが深くかかわった「本の雑誌」は4月号で、また長年コラム「文庫本を狙え!」を連載した「週刊文春」も4月23日号でそれぞれ詳しい特集を出した。

16
祐三 坪内

「本の雑誌」は、「さようなら、坪内祐三」と題し、坪内番編集者座談会、総勢37人の追悼のことばにツボちゃんに教わった店、さらに自宅と仕事場の本棚を8ページで公開するカラー口絵「本棚が見たい!特別編」まで、88ページの大特集だ。

4
祐三 坪内

歴史家ではない坪内さんの態度は明快で、あえて「事実」の確認をせず、「記憶」でもって書いていく。

17