いづれか いずれ か。 「いずれか」と「いづれか」はどちらが正しいか・意味と例文4つ

か いづれか いずれ

助詞「か」は話者が疑念を抱いていることを示す言葉です。 実はこの2つはどっちも正しいとも言えるのです。 その場合の「どちら」は選択肢が3つ以上でも使うことができます。

1
か いづれか いずれ

いつの時代も若者の言葉の乱れは指摘されて問題になりますよね。 「 いずれ」 「いつになるかは分からないけれど」といった漠然とした未来を示しており、来週か来月か、もしかするといつまで待っても連絡はこないかもしれません。 どのやつ。

5
か いづれか いずれ

そして古い表現は『歴史的仮名遣い』とされ、これ以降は誤りであると決められました。

7
か いづれか いずれ

どの時代も言葉遣いや振る舞いに教養が現れると言います。

12
か いづれか いずれ

現代仮名遣いは、現代文のうち口語体のものに適用され、現代の国語を書き表すための仮名遣いの基準とされています。

20
か いづれか いずれ

「いずれ」は一言でいうと「はっきりとはわからないまま、物事を言い表す」という意味です。 そんなときあなたは家族に「Aスーパー、Bスーパー、Cスーパーのいづれも置いてなかったよ」と連絡をするでしょう。

13
か いづれか いずれ

漢字表記にすると「何れか」と書くことができます。 いずれは 「いずれは」は「いつかは・将来的には」という意味です。

4