パナソニック トースター。 比較表

トースター パナソニック

ビストロ NT-D700とバルミューダを比較 続いては「ビストロ NT-D700」とバルミューダを比較していきます。 トースト調理の実力はなかなかのもの。 ビストロ NT-D700は頻繁にヒーターをオンオフすることで、パリッとした皮と、中心までしっかり温め、そして皮を焦がさないという3つのポイントをおさえています。

8
トースター パナソニック

その新製品であるNB-DT52がいよいよ9月上旬に発売されます! 家族のためにパンを焼くならこれしかない! パナソニック コンパクトオーブンNB-DT52 高級食パンの登場でいよいよ盛り上がりも最高潮なパンの世界。 たとえば、高級トースターの先駆けとなった「BALMUDA The Toaster」は水蒸気を使ってもっちりサクサクの食感を再現していますし、三菱電機の「ブレッドオーブン」は密閉庫内でパンの水分を逃がしません。 食パンをトーストした実力は? まずは、一般的な6枚切り食パンを「うすぎりトースト」メニューで。

3
トースター パナソニック

2月1日発売のパナソニックのオーブントースター「ビストロ NT-D700」も、そんな高機能プレミアムオーブントースターです。 特徴は「遠近赤外線ダブル加熱」を使い分けること。

トースター パナソニック

高級パンブームならではの悩みを専用メニューで解決 この数年は高級食パンブームとともに、パン本来の味が楽しめる「厚切り」食パンが人気ですが、厚切り食パンは冷凍保存するとトーストが難しいという難点がありました。 そこでビストロ NT-D700は、冷凍食パン用の自動メニュー「冷凍うすぎりトースト」「冷凍あつぎりトースト」を用意しました。 君、本当に一度冷凍されていたのかい……? という香り、食感、味わいに朝からガッツポーズ! 冷凍食パンをトーストするときにやりがちな、外側が焦げているのに中は冷たいまま……なんて失敗とは、もう無縁です。

3
トースター パナソニック

最初は「加熱方法を変更しただけで、本当に味が変わるんだろうか?」と半信半疑でしたが、両者の違いは一目瞭然。 これら冷凍食パン用メニューでは、加熱の前段階に焦げない温度でパンの中心を解凍する工程があり、「焦げずに中心までアツアツ」に調理できます。 機能はそこまで多くなく、良く言えばシンプルで扱いやすいタイプになっているよ。

トースター パナソニック

しかし、近年の高級食パンブームとともに「より美味しく焼ける」高機能トースターが注目されています。 自動メニューの温度制御は正確 で、加熱する食材によってメリハリをつけており、どれも素材の 良さを引き出してくれた。