踏まえる 意味。 「ご時世」の意味と使い方、類語、「ご時勢」との違い

意味 踏まえる

ビジネスシーンで使える「踏まえる」の例文 ビジネスメールや報告書で使えそうな例文を紹介します。 他にも「ご時世」は「 世知辛いご時世」「 いやなご時世」「 くらいご時世」などの言い回しで使います。 単に過去の出来事や人を思い返す場合は「顧みる」を、過去を参考に現状について考える場合は「鑑みる」をと、使い分けましょう。

15
意味 踏まえる

」 ・「安全を踏まえて、作業を行ってください。 踏まえるの敬語表現 「踏まえる」の敬語表現はどうなるのでしょうか。 」 このように、反省メールに「踏まえる」を使うと、謝罪の気持ちと共に、今後の意気込みややる気を伝えやすいのです。

4
意味 踏まえる

古い時代の文献でも使用されている「〇〇を鑑みる」は間違いであるとは言い切れませんが、公的、およびビジネスシーンでは「〇〇に鑑みる」とするのが無難でしょう。 母のからの教えに基づき、口に入れるものはすべて手作りをしている 「 前提(ぜんてい)として」・・・「 ある事物が成り立つために前置きとなる条件」• 「踏まえる」を敬語で使用する場合は「お踏まえになって」と表現することができますが、この表現はビジネスシーンではあまり使いません。

14
意味 踏まえる

・家族全員の意見を考慮した上で判断したいと思います。

19
意味 踏まえる

・Considering the sales results so far, it seems good to order more this year. 何を根拠としてそこまで言い切った言い方をしているのですか?• ・Considering the number of failures, improvement is necessary. 踏まえては「ある物事や発言に基づいて」という意味として使う言葉です。 一方、接続詞「踏まえて」は、「 前例を考慮して」というニュアンスになります。

意味 踏まえる

事故に遭わないように、ミスをしないように、前例の失敗を踏まえて行動して下さいと指導する時に用いられます。 これらのことを踏まえて今春までには商品のラインナップを一層しようと計画しています」 「アンケート結果によると、価格に関する不満の意見が多く見られました。 文脈や相手によっては類語を使うなど工夫して使ってください。

意味 踏まえる

そのため日本語に訳すと「~に基づいた」「~を根拠にして」という意味になる「based on〜」を使うことができます。