ブラッド ボーン 血 の 穢れ。 ブラッドボーンストーリー考察

穢れ の ボーン ブラッド 血

詳しくは「」をどうぞ。 マヌケな物言いですが)。 「虫」とは何なのか。

穢れ の ボーン ブラッド 血

だからこそ、俺は同志たちを愛するのだ」 彼が「虫」を見出せなくなったのは、きっともう必要が無くなったからなのではないでしょうか。 なぜならばローランは、まるで全体がヤーナム旧市街であるかのように羅患者の獣、つまり元病人で溢れかえっているからです。

7
穢れ の ボーン ブラッド 血

儀式に使われたメルゴーが月の魔物であったこともあり、ヤーナムには久しぶりに赤い月が登ります。

穢れ の ボーン ブラッド 血

「夢(悪夢)」という形はメンシスの檻のテキストなどから人々の意志によって望まれて実現した空間であることがわかるが、ミコラーシュらしきミイラが再誕の広場の先の教会内にあるところからして夢というものは現実世界で死を迎えても尚そこに居続けることができる空間だと思われる。

5
穢れ の ボーン ブラッド 血

つまりここでも「聖歌隊」と「メンシス学派」の抗争劇が垣間見える訳です。 スポンサーリンク. しかしそこはやはり、我らがミコラーシュ、並びにメンシス学派。 女王は「血の赤子をその手に抱くために」、多くの啓蒙、即ち「閉じた瞳」を欲したのではないでしょうか。

8
穢れ の ボーン ブラッド 血

どうして女王の血が人を獣にするの? 女王も獣だったの? いいえ、女王は獣ではありません。