アルティメット ウォリアー。 ロード・ウォリアー・ホーク

ウォリアー アルティメット

今考えてみると、長い歴史のあるアメプロのひとつの分岐点だったんではないのかなと思う試合だった。

8
ウォリアー アルティメット

負けるとしたらリングアウト負けとか相手のセコンドの介入とかがあった場合くらいで、基本的にはほぼ負けない印象。 若手時代はスティングとタッグを組んでた 今回紹介するのは、アルティメット・ウォリアーという選手。 、の自宅で心臓発作に見舞われ死去。

ウォリアー アルティメット

しかもフィニッシュが「アルティメット・スプラッシュ」という、相手がうつぶせで倒れてる背中にボディープレスでそのまま3カウント奪う技。 おいおい、こんなもんか、意外に弱いやんけ、と。

9
ウォリアー アルティメット

死因は伝えられていない。 インディアナ州クローフォーズビル出身。 タッグ用の合体技で、パートナーが肩車で抱え上げた相手を、ホークがコーナー最上段からで撃墜する。

5
ウォリアー アルティメット

さすがに年を取ってるけど、このテーマ曲はやっぱりイイ。

12
ウォリアー アルティメット

WCCWの前、まだ若手だった頃は、後にNWAやWCWで活躍したスティングと「ブレード・ランナーズ」というタッグチームを結成していたそうです。

1
ウォリアー アルティメット

最後はからアルティメット・スプラッシュ(背中への) 背中にボディ・プレスを行なうのは従来のボディ・プレスをに膝を立てて返されたためである。 8月17日のにてリングを占拠するとハルク・ホーガンの中に登場してリングへ入り、ホーガン率いるnWoを壊滅することを宣言して去った。

19