アール ヌーヴォー。 美術史を学ぶ〜カテゴリーを超えた装飾性《アール・ヌーヴォー》|エメ|note

ヌーヴォー アール

この個性的な筋模様の色彩は、ステイブル・ストライプと呼ばれ、 通年を通して安定しています。 1910—• 1925年-1950年•。 日本の影響を多分に受けています。

9
ヌーヴォー アール

1920年代は大量生産が盛んになったこともあり、合理的で機能的なデザインのアール・デコは時代に沿ったものでした。 後には、グラスゴーでとその妻、マーガレットの妹フランシス・マック・ドナルド、ハーバート・マックニーの「4人組」(The Four)が「」を形成した。

8
ヌーヴォー アール

1880年代から1890年代にかけてヨーロッパを席巻したはその有機的なフォルム、自然界の参照、当時支配的だった趣味とは対照的なすっきりしたデザインなどで多くの芸術家に大きな影響を与えた。

4
ヌーヴォー アール

ポール・コーシーのコーシー邸、ブリュッセル、1905年• 腰の位置はやや低め• パリで生まれたアール・デコは、アメリカ合衆国に渡り花開きます。

10
ヌーヴォー アール

1960年代• 一連の運動の先導者として知られていたにも関わらず、ヴィオレ・ル・デュクは数々のアール・ヌーヴォーの建築家にも影響を与えた。 「ティファニー」(。

19
ヌーヴォー アール

そして、当時の人々は幻想や神話などの心象世界を不安からの逃げ場所として表していたのかもしれません。

ヌーヴォー アール

アール・ヌーヴォーの最も優れた作品は、その際立った線のリズムにより、18世紀の高級家具にも似た調和を見せていた。 しかしながら、最もまとまったグループを形成したのは派であり、ガラス工芸家の、、ジャック・グリューバー、家具師ルイ・マジョレル、建築家ユジェーヌ・ヴァラン、 オクターヴ・ゲラン、彫刻家アントナン・バルテルミなど数多くの人物を輩出した。 「アール・ヌーボー」の特徴は「自然のモチーフと自由な曲線」 「アール・ヌーボー」のモチーフは、花や昆虫など有機的な自然に求められ、それらを自由な曲線と組み合わせた装飾的なデザインが特徴です。

11
ヌーヴォー アール

では、神話的モチーフへの傾倒と異常なまでの平面化は一体何を表しているのでしょう。 この芸術はまた数多くのを持ち、選ばれた階層の間で広がって行った。