弱虫 ペダル 71 巻。 弱虫ペダル【71巻】最新刊のあらすじ・ネタバレと感想・考察を紹介!

71 弱虫 巻 ペダル

目標としているものに手が届かないときの挫折や悔しさ、それを乗り越えたときの勝利……ひとつひとつの細かい成長に共感できるのではないでしょうか。

5
71 弱虫 巻 ペダル

。 先頭に追い付いた後スプリントのチェックポイント直前までチームを引っ張り、新開のスプリントゼッケン獲得に貢献するものの、そこで力尽きてしまいリタイアとなる。

17
71 弱虫 巻 ペダル

同時に、ネックであった精神面でも大きく進化して最終的に御堂筋へのリベンジを果たした。 4人兄弟の末っ子。

8
71 弱虫 巻 ペダル

普段はなにごとにも冷めた態度を取る皮肉屋であり、その言動はかなり荒っぽく攻撃的だが、福富が築いたチームに対しての愛着は誰より強い。 常にカチューシャを頭に着用し、時代がかった古風な話し方をする。

1
71 弱虫 巻 ペダル

苦手分野は特に無く、どんなフィールドでも安定した走りをみせ、無駄のないフォームは特に評価される。 高校卒業後は叔父が紹介した会社に就職。

71 弱虫 巻 ペダル

インターハイの1年次は3日目のゴールで坂道と対戦するが僅差で敗れ総合2位、総合優勝を逃した自責で自分を追い込み坂道とも疎遠になっていたが、3年生追い出しレースで東堂から励ましを受けて元に戻る。

15
71 弱虫 巻 ペダル

2年次は今泉と共に年代物の重いホイールを履いて走り、最終日途中から今泉とバトルになり1000kmを1位でゴールする。 途中で力尽きるも黒田にそのガッツを褒められる。 手嶋とは1年時は仲が良くお互いを名前で呼び合う仲だったが、前年のインターハイで手嶋らの反対を押し切って3日目金城の抜けた穴を埋めるべく走ろうとして落車、大怪我をして以降は手嶋とは疎遠の仲になる。

20