漫画 bank 嘘喰い。 まんが王国 『嘘喰い 36巻』 迫稔雄 無料で漫画(コミック)を試し読み[巻]

嘘喰い 漫画 bank

1プレイヤーとなり、運営から無料で市民待遇で招致されていたが、つね男の裏切りによりビオスを全て失い奴隷に堕ちる。 貘と雪井出の迷宮ギャンブルが終わった直後に現れ、真実を知る貘の殺害と勝ち金11億円の奪還を狙う。 砦と島落ちを賭けて賭郎が用意した「矛盾遊戯」で梶と決着をつけることとなり、梶の心理を巧みに読み解きながら進めていく。

9
嘘喰い 漫画 bank

夫である紫音をダーリンと呼び非常に溺愛している。 最終的にはレベル80の上級職となった(王候補)。 男同士の戦いに胸が熱くなります。

嘘喰い 漫画 bank

大学教授という表の顔を持つ。 磨黒 燥滋(まくろ そうじ) 賭郎の元 零號立会人(伽羅の前任)。 精神年齢が幼いがゆえの正義感を持ち、貘を信頼して行動する。

7
嘘喰い 漫画 bank

殺人鬼の通称として「グリーフ(悲しい)マーティン」と呼ばれる。

15
嘘喰い 漫画 bank

頭脳や度胸、身体能力もいたって普通の青年で、重度のお人好し。 しかし、屋形越えのために零號になれる実力を持つ立会人に専属になって欲しい貘から「勝負をして貘が勝ったら面識が無かったことにする(=専属立会人にならない)」ことを打診され、これを受ける。 長髪とサングラスで素顔を隠した男性。

4
嘘喰い 漫画 bank

元々は佐田国のテロ計画をカールを通して背後から操り、巨額の富を手に入れる計画を立てていたが、賭郎が協力を拒否して計画が失敗したことで、賭郎を狙うようになる。 後に立会人。 その時から賭郎に目をつけられていた。

18
嘘喰い 漫画 bank

こうした徹底的な事前・事後の努力に支えられたギャンブルの結果として、彼は「勝つべくして勝つ」。 また、幼いころに見た本からの引用で報告の最後に「そう言うと、踊り続けました」とつける癖も持つ。 業の櫓編で重傷を負ったため、プロトポロスには未参加で以降の登場頻度は減る。

13