お 宮参り 服装。 私服や普段着でのお宮参りはあり?カジュアルな服装にするときの注意点

服装 お 宮参り

普段から着物を着慣れていないと、草履の歩きにくさや着物の動きにくさで、疲労感がドッと押し寄せます。 アクセサリーや靴に関しては、特に決まりはありません。 父親の着物 最近では、ほとんどのお父さんがスーツでお宮参りに参列します。

服装 お 宮参り

兄弟・姉妹の衣装も祖父母同様にほかの家族と同じグレードの服装を意識し、家族全体のバランスを配慮します。 また、相手方の祖父母も参加するのであれば、相手方の服装も聞いてみましょう。 お宮参りで事前にどんな服装にするか相談しよう 自分だけで服装を決めるのは、難しいですよね。

1
服装 お 宮参り

赤ちゃんの両親が略礼装なら、おばあちゃんも略礼装で構いません。 「長ズボンはジーパンしか持ってない」というお父さんは、この機会に黒い長ズボンを1枚入手してみてください。 全国のお宮参りの神社の情報を集めてみました 神社でご祈祷される場合には、神社にいる神職の方によるご祈祷が行われます。

12
服装 お 宮参り

襟の形は、レギュラーカラーか、あるいはワイドカラーを選びましょう。 和装よりも洋装を選ばれるママも多いでしょう。

8
服装 お 宮参り

お宮参りのときの母親の服装で気を付けたいのが足元 着物の場合は草履、洋装の場合はパンプスなどを履きますが、神社というのは滑りやすい石畳やつまずきやすい砂利道など実は危ない場所と言えます。 父方の祖母の都合がつかない場合には母方の祖母がつきそったり、両親だけでお参りをすることもあります。 最近ではお父さんの仕事が休みの日に合わせることが多いため、生後30日を過ぎる頃の天気の良い土日に行う家庭が多いようです。

9
服装 お 宮参り

和装で参列する場合は、ガーゼやスタイ、オムツや着替えなど、必要なものをリストアップしてバッグにひとまとめにしておくなど、当日慌てることがないよう早めに準備をしっかりして、一生の記念に残る日にしたいものです。

20