今村 夏子 ピクニック。 きっとその人は、今村夏子さんのピクニックを読んでも何も感じない|はいはっとちゃん|note

ピクニック 今村 夏子

全ての情景が意味を帯び、互いに関係し合って世の中と世の中を生きる人間の姿をその外から描いていることにも気がつく。

ピクニック 今村 夏子

娘はずっと友達が欲しいと願い続けていたので、最後は、その願いが叶う展開にしたいと思い、このようなラストシーンにしました。

13
ピクニック 今村 夏子

生身のただの女の子だ。 今村夏子『こちらあみ子』を読みました。 この書室を開き、妊娠をしたものの流産をした母は、実は、あみ子と兄の実の母ではなく、父の再婚相手だった、という家族構成の事実です。

18
ピクニック 今村 夏子

これを理解できたのは2回目に観たときであったが、このとき初めて、僕の胸のなかにあったもやもやが、すーっと消えていくのを感じた。 今村 一番初めは何を書こうとしていたのか、もう思い出せないのですが……。 「こちらあみ子」だけを読んでも、作者の意図するところが、少なくとも上手く達成しているとは今ひとつぼくには思えなかったんですね。

ピクニック 今村 夏子

その一方でちひろ自身は、同じ宗教の子どもたちと楽しく過ごし、両親の愛情を受けて育っているため、それほど悲惨な感覚はありません。 そうですねぇ…「」属性の「」みたいな。

ピクニック 今村 夏子

望まなくして2人と生活を共にすることになった僕であったが、2人を見るたびに否応なくあの頃を思い出してしまう。 問題なのは、その人が誰にも通じない心を持ち得ている場合です。 長い間、人に頭を下げ続けたり、恥ずかしさでいたたまれない思いをしたり、の家族から、あみ子が排除されてしまうのは、それまでの辛い年月を思えば許されること・・・?? もちろん、それがベストですよね、とは言えないのだけど、人はとにかく生きていかなければならないのだから、と。

4
ピクニック 今村 夏子

応えてもらえたときには、たとえ怪我を負ったとしても喜びを感じます。

10
ピクニック 今村 夏子

かつて絹に圧迫面接をした面接官に対して、麦が言った「その人はきっと今村夏子の『ピクニック』読んでも何も感じない人なんだと思うよ」という台詞。

11