アイネ クライネ 歌詞。 tofubeats(Vocal:星咲花那) アイネクライネ・夜のムジーク 歌詞

クライネ 歌詞 アイネ

『あたし』がいることで、誰かを悲しませたり苦しませたりするのであれば、『あたし』は石ころのように、自分という人間を主張しないで生きることを選びたい。 自分の身を守る為に、あなたに噓をついてしまうことがあるのです。 あなたにまた名前を呼んで欲しくって。

12
クライネ 歌詞 アイネ

幸せが募れば募るほど、 別れた時の 喪失感も募っていきます。 そんな人を探すために君は生まれてきたのではないか?というようなメッセージが込められているように感じました。 Once the night begins, never ends. 今 細やかで確かな見ないふり 責めようもない人間の現状です。

クライネ 歌詞 アイネ

狩野永徳は豊臣秀吉に愛された絵師。

18
クライネ 歌詞 アイネ

ちっぽけな サイレントナイト いくつ飛び 越えたなら ねえ僕らは オトナ へなるんだろう! 「あたし」や「あなた」は、人の数だけのバリエーションがあり、ストーリーも同じくらいの数の、個々の物語があります。

16
クライネ 歌詞 アイネ

わたしはあなたの未来を知っている。 それでは歌詞の意味について考察していきます! 歌詞の意味を考察! 呪われたあなたに贈る花とは? わたしの願いが届いたのだろう。

12
クライネ 歌詞 アイネ

誰かの居場所を奪い 生きる というのは、今の主人公を指す。

11
クライネ 歌詞 アイネ

でも、誰にも言えない過去やトラウマがあって嘘の過去を言ってしまうんだ。 誰かの居場所を奪い 生きるくらいならばもう あたしは石ころにでもなれたならいいな だとしたら勘違いも戸惑いもない そうやってあなたまでも知らないままで 「あなた」と出会う前の 主人公が描かれています。

16
クライネ 歌詞 アイネ

I'm satisfied we take hands and intend to get over the eternal night. しかし、その直後に 優しい表現も描かれています。 どんな人間にとっても出会いと別れの数は等しいもので、出会いと別れは切っては離せない関係性にあります。